うなぎ割烹「一愼」鰻のひつまぶし

画像
うなぎ割烹「一愼」鰻のひつまぶし★(携帯可)
税込価格:4,725円


【特 徴】
★3通りの食べ方が特徴の名古屋の名物・郷土料理
★温めるだけで簡単に食べられる
★セットになっているので、思い立った時いつでも食せる手軽さ!



●「ひつまぶし」とよばれる訳
食欲がなく栄養不足になりがちな暑い夏を乗り切るために
生まれた食文化で,お櫃のご飯に刻んだ鰻とタレをまぶして
食べる
ことから「ひつまぶし」(おひつまぶし)と呼ばれています。

●特徴は3通りの食べ方
ひつまぶしは愛知県、特に名古屋の郷土料理・名物料理で、
特徴は3つの食べ方にあります。
うなぎ割烹「一愼」からの召しあがり方のポイント
※うなぎの身が崩れないよう軽くかき混ぜてください。

【1膳目】炊きあがったご飯をお櫃(おひつ)などに入れ、
鰻とタレをかけます。しゃもじで5~6回かき混ぜます。
お椀によそってそのままお召し上がりください。

【2膳目】添付の薬味(海苔やワサビ)混ぜてお召あがりください。
また、細葱や胡麻等もよく合いますのでお好みにあわせて
加えていただくと、より一層味が増します。

【3膳目】温めた吸い地(だし)を掛けて
「うな茶漬け」としてお召あがりください。

●温めるだけの簡単さ
冷凍庫から取り出し包装のまま湯煎で5~6分温めます。
同時に吸い地(だし)も包装のまま温めてください。

炊きあがったご飯をお櫃(おひつ)などに入れ、鰻とタレをかけます。
しゃもじ等で5~6回かき混ぜます。

●基本の食べ方以外にもアイディア次第で
いろいろお楽しみいただけます♪

★冷凍でお届けしますので湯煎等で温めてからお召し上がり下さい!
卵焼きで巻いて「うまき」、ちょっと洋風「うなぎパスタ」、
鰻と卵をとじた「うな玉丼」、とろろと一緒に「うなとろ丼」



画像

詳しくはこちらから


*うなぎは栄養の宝庫、夏バテに土用の丑の日があるぐらい
ですから、これまたひつまびしが美味しそうです!
是非お試しを( ̄▽+ ̄*)!!



激安通販ありがとうショップ 
http://momo0.net/
携帯はこちらから

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック